くらのすけの映画日記

「シネマラムール」の管理人くらのすけの映画鑑賞日記です。 なるべく、見た直後の印象を書き込んでいるのでネタバレがある場合があります。その点ご了解ください。

映画感想「青い街の狼」「その人は遠く」「ろくでなし野郎」「密告」

「青い街(ブルータウン)の狼」

なんとも荒っぽい映画ですが、ここまで適当だと微笑ましくなってきますね。監督は古川卓巳

 

飛行機から写真を撮ろうとシャッターを押した途端爆発。このオープニングだけ思いついてあとは適当に作ったという感じのストーリーが展開していく。

 

なにやら潜入捜査をしている主人公がある組織に潜り込んで繰り広げるアクション。主人公は刑事のようだが、ヤクザと境目が見えないキャラクター演出。ヒロイン芦川いづみも無理やり登場で、訳もわからずラストシーン。

 

古き良き日本映画ですね。

 

「その人は遠く」

時代が時代とはいえ、なんともうっとうしいほどに煮え切らないラブストーリーだった。切ない話ならそれはそれで描きようがあると思うのですが、これは脚本や演出の弱さかもしれません。監督は堀池清。

 

肉親が亡くなり一人になった親戚の美しい女性に、学生時代の主人公が淡い思いを抱き続ける。一方の女性も少なからず主人公を思っているのだが、どうもお互い今一歩踏み切れない。そのもどかしい展開が延々と続く。

 

最後は女性は自立して九州に旅立ち、主人公はそれを見送りエンディング。爽やかなら使徒のはずがジメジメしただけに終わった感じです。

 

「ろくでなし野郎」

西部劇タッチで描かれる日活アクションの典型的な一本。軽い娯楽映画というテイストでした。監督は松尾昭典

 

大会社の工場建設が進む山奥の村に、一人の神父がやってくる。友人に招かれたが、実は事故で死んでいた。その謎を追いながら、新興ヤクザの利権が絡んでのアクション。たわいのない物語に、適当なお色気を交えた、映画産業全盛期の一本。

 

どこから見ても西部劇のように流れる画面と物語。気楽に楽しむ作品の典型でした。

 

「密告」

アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督がナチス占領下で撮った傑作フィルムノワール。これは本当に面白かった。シンプルに謎の手紙の真犯人を見つけるだけの物語なのに、どんどん終盤に向かって引き込まれていきます。

 

とある街の市民病院に勤務するジェルマン医師は、出産の往診に行き、母は助けたものの子供は死なせてしまう。しかし、これを堕胎手術だと揶揄する噂が流れる。最近、カラスと名乗る人物から中傷の手紙がばらまかれている。

 

ジェルマン医師が、精神科の老医師ヴォルゼの妻ローラと愛人関係にあるとか、恋人との仲が良くないとか、ローラの姉マリーが麻薬のモルヒネ横流ししているなどなど。

 

物語はこの謎の手紙の真犯人を追いつけるサスペンスを中心に流れていくが、次第にジェルマン医師に焦点が集まってくるクライマックスへと流れていく。

 

そして恋人がその犯人だと追い詰めたジェルマン医師だが、恋人からローラが危険だと告げられ、そこへいくと、恋人が言った通りの手紙が届いていて、やはり恋人が犯人かと思われたが、じつは精神を病んでいたローラが犯人で、彼女を病院へ送るのに夫である自分はサインするのが憚られると言われ、ジェルマン医師がサイン、直後、恋人の元に戻るが、やはりおかしいと戻ってみると、ヴォルゼ医師が自殺していた。彼こそがカラスで、妻ローラへの復讐だったと知る。

 

息子がカミソリで自殺した母がヴォルゼの部屋にいて、戸外へ消えていくシーンで映画が終わる。少々フェイクがしつこい気もするが、登場人物が見事に描き分けられている演出は素晴らしいし、傑作と呼べる一本でした。

映画感想「空母いぶき」「貞子」

「空母いぶき」

よくある戦争アクションかと思っていたのですが、意外に深さと重みのあるドラマでした。戦争に対する視線、人々の心の動き、そしてエンタメとしての戦闘シーンがうまい配分で組み合わされているために、本物に見えます。さらに、つまらないテーマ曲などもないのが良い。若干、甘いところもないわけではないですが、ここまで描ければ十分でしょう。監督は若松節朗

 

新興国の軍事勢力が日本の離れ島の領土を占拠し、海上保安員を拉致したところから映画が始まる。時に自衛隊に導入されたばかりの小型空母いぶきを中心とする第五艦隊がその救助に向かうが、新興国が迎え撃ってくる。

 

自衛のための戦闘に固執するが一方で、敵側は執拗に挑発してくる。新たにいぶきの艦長となった秋津と防衛大同期で生え抜きの副官新波が対処していくが、この二人のドラマ部分がもうちょっと突っ込んで描いても良かったかもしれない。

 

最新鋭の戦闘戦が次々と展開、そのスピード感と緊張感は流石に見応えがあります。たまたま乗ってしまった記者の物語がややおざなりになっていなくもないですが、2時間余りで描くにはこれも限界でしょう。政府の対応場面も程よい長さで見ていられるレベルだし、どんどん戦闘がお拡大していく様をストーリー展開の軸にしたのは成功だと思う。

 

そして、これ以上無理となったところで、国連軍が登場して大団円。クリスマスイブ前夜からクリスマスまでのタイムリミットの舞台背景も面白い。メッセージも程よく伝え、全体に程よく完成された佳作という感じでした。

 

「貞子」

まだやるかという、リングシリーズ。流石にビデオテープは過去のものとなり、今時ということでSNSを使ったものになっているとはいえ、全然怖くないし面白くない。第一作はサスペンスの面白さが秀逸であったが、今や完全に過去の遺物。原作者鈴木光司に才能がなかったということか、第一作以外は駄作ばかりだった。監督は中田秀夫

 

とある団地で一人の少女がクローゼットに監禁されていて、そこに帰ってきた母親がガソリンを撒いて火事を起こす。ところが、そこになぜか貞子が。

 

なんとか助かった少女が病院へ入院して、そこに心理カウンセラーの茉優がいて、彼女の弟がユーチューバーになって、火事の団地に侵入して、貞子の呪いを受け行方不明となる。

 

茉優は弟を助けるために小豆島に出かけ、そこで貞子の洞窟へ行く。まあ、物語はかなり雑で、なんでこういう展開するのかの裏付けのないままに無理やり貞子が出てきて、みんな呪われていく。

 

あとは呆れるままに映画は終わる。こんなもの作ってたらあかんやろという一本でした。

 

映画感想「風と共に去りぬ」

風と共に去りぬ

自分の映画人生の中でのベストワン映画、人生最後のスクリーン鑑賞と思って、午前十時の映画祭で見にいく。監督はビクター・フレミングだが、実際は製作のデビッド・O・セルズニックの映画というのが正しいと思う。

 

初期テクニカラーならではのどぎつい夕焼けは、さすがに今の映画では再現することもないほどの素晴らしさ。三原色を別々のカメラで撮影し、一本に合成して焼き付けるという贅沢の極みの傑作です。

 

あれだけの大河ドラマを全く退屈させることなく展開させていくストーリーテリングのうまさ、登場人物のキャラクターの見事なまでくっきりと区別した演出、これが大作を作るということだと思います。そして、これが映画を娯楽の王様として位置づけるものだと思います。

映画感想「居眠り磐音」「僕たちは希望という名の列車に乗った」

「居眠り磐音」

できが悪いわけではないのですが、どこか仕上がりが平凡。スピーディなストーリー展開なのですが鮮やかさがないために、物語の中でのエピソードにしか見えなく、主人公磐音の人間ドラマとしての苦悩の部分が弱く、薄っぺらい仕上がりになった感じです。監督は本木克英。

 

幼馴染の磐音、琴平、新之輔が道場で稽古している場面から映画が始まる。このシーンで三人の性格の違いを叙述に描写しないといけないのですが、ちょっとあざとすぎ、この性格の違いが間も無く起こる悲劇の伏線にしては弱い。

 

3人は故郷の関前に戻ってくる。新之輔には愛する妻で琴平の妹舞が待ち、磐音にはさらにその妹で許嫁の奈緒が待っている。しかし、着いた途端、新之輔は舞の不義を知らされ、舞を切り捨ててしまい、さらにそれを知った琴平は、新之輔とあらぬ噂を広めた叔父を切り捨ててしまう。

 

狂ったように暴れる新之輔に藩から討伐の命令が下り、真実を知った磐音が駆けつけ、新之輔を切り捨てることになってしまう。そして磐音は脱藩して江戸に戻ってくる。

 

しがない浪人となった磐音が、ある両替商の用心棒になったことから、当時田沼意次中心の幕府の施政による巷の利害争いに巻き込まれることになる。

 

磐音は持ち前の才覚で、見事解決するが、彼の元に、今や遊女となった奈緒からの便りが届く。映画はここでラストを迎えるが、花魁道中までするようになった奈緒を受け出すために日々暮らす磐音のシーンでエンディング。

 

物語の流れはそういうことなのですが、エピソードそれぞれが並んで展開するようにしか見えない。松坂桃李の静かな演技と周りの手慣れた脇役のいかにも時代劇という感じのいでたちがなんとか作品の質を維持しているものの、脚本の弱さ、演出の弱さが、映画自体に深みを生み出せなかった感じです。

 

「僕たちは希望という名の列車に乗った」

ベルリンの壁ができる数年前の東ドイツ、その緊迫した状況を、青春ドラマの中に描いた作品で、束縛された緊張感と必死で自分たちの学生生活を楽しもうという微妙なバランスが見事に描かれていた秀作でした。監督はラース・クラウメ。

 

西ベルリンの映画館でテオとクルトがハンガリーの民衆蜂起の映像を目にし、それに感銘を受け、クラスで提案して二分間の黙祷をすることになる。ところが、当時ソ連の占領下にあった東ドイツでは、このことが反共運動の発端と捉えられどんどん大きな問題に発展してしまう。

 

クルト達は、たまたま亡くなったというニュースがあったサッカー選手への哀悼だと答えたが、上層部は信じてくれず、クラスメートを個人的に追い込んでいく。そしてとうとうクラスメートの一人エリックが発砲事件を起こし、彼に全ての発端の罪をかぶせるようにクルトが依頼される。しかし、友達を売ることはできないクルトは母の勧めもあり、一人西側に逃げることにする。

 

そして糾弾の日、クルトの親友テオが頑として全員で決めたと言い張ったために退学処分となる。しかしテオの発言に、クラスメートが次々と立ち上がり、とうとうクラスは閉鎖になってしまう。

 

テオは帰りに、年末に西に墓参りに行くと嘘をついて脱出しようと提案。判断は各自に任せるが、いざ列車の発車の駅にはクラスのほとんどが集まっていた。映画はそこで終わり、その後彼らが西で卒業したことがテロップされる。 

 

映像演出に凝ったものはないのですが、生徒一人一人の目線をまっすぐに捉えるカメラが実に瑞々しくて、物語の暗さを透明感のある映画に変えてくれていてなかなかの仕上がりになっています。いい映画でした。

映画感想「アメリカン・アニマルズ」「ガルヴェストン」

アメリカン・アニマルズ」

若気の至りで犯した犯罪のなんとも無残な顛末を描いたちょっとモダンな映画。凝った映像演出とリズム感で見せていくのですが、結局、身勝手な犯罪者の話というどこかスッキリしないエンディングの映画でした。監督はバート・レイトン。

 

トランシルバニア大学、平凡な毎日を送るウォーレンは、何か人生の転機になるものはないかと考え、図書館に所蔵してある時価1200万ドル相当の貴重本を盗み出す計画を考える。そして、知人友人をかき集め、周到な計画を練り始めるが、そこは素人、何もかも思ったようにいかない。

 

映画は、その決行日に始まり計画段階に遡って物語を描いていく。天地逆さまの映像からのオープニングや、実際の犯人四人のナレーションんを挟んでのストーリー展開などなかなかの工夫が見られるのですが、と言ってドラマ性が今ひとつ迫って来ないのはちょっとテクニックに走りすぎでしょうか。

 

何とか決行はしたものの、次々と計算が狂い、肝心の本は奪えず、一部のみ持ち帰ったものの、その先もうまくいかず、結局捕まって実刑となる。

 

何か人生の転機をと計画し参加したものの、結局平凡な日々の大切さを実感する終盤の彼らの表情がちょっと切ないのですが、捕まった後のその後のナレーションで、結局ふてぶてしい奴らだったと映画が終わる。

 

個性的な作品で、それなりに面白く仕上がっているのですが、何かちょっと足りないものが見える作品でした。

 

「ガルヴェストン」

なんとも普通な映画で、エル・ファニング目当てで出かけたので、後悔はないものの普通のよくある映画でした。監督はメラニー・ロラン

 

主人公ロイが医師の診断を受けているシーンに映画が始まる。肺に影があると言われそのまま飛び出すロイ。この流れで、彼は末期ガンではないかと匂わせる。

 

組織のボスの依頼である家を脅しに入るが、逆に反撃され相棒を殺される。ロイは必死で反撃し、脱出しようとするが一人の女ロッキーを見つけ一緒に逃亡。こうして物語が始まる。

 

ロッキーは途中で故郷によってもらい三歳の女の子を連れ出す。そして3人の逃避行となるが、ロイは自分がはめられた理由を知り、逆にボスを脅し金を取り、ロッキー達に与える決心をする。

 

しかし逆に捕まり、ロッキーは殺され、ロイも捕まってしまう。そして彼はがんなどではなく、命の心配もない肺の病気だと明らかになる。この展開は、さすがに今時ちょっとなあと思う。

 

そして20年、刑務所を出たロイのところにかつての少女が大人になって会いにくる。そして、ロッキーのことを知り、去っていく。ロイはかつてロッキー達とおとづれたガルヴェストンの浜辺に向かう。折しもハリケーンが迫っていた。こうして映画は終わる。

 

切ない話ということなのだろうが、ロイのボスとのやりとり部分が実に弱く、もうちょっと掘り下げた脚本になっていたらお話にメリハリがついた気がします。

 

 

映画感想「コンフィデンスマンJP」

テレビのスペシャル版程度の仕上がりですが、元々のドラマがそれほどのものではないので、十分楽しめました。脚本がそこそこなら三流監督でもそれなりの映画になるという黒澤明の名言を実践したような映画でした。監督は田中亮、脚本は古沢良太

 

ダー子らのグループが暇を持て余し、次のターゲットを物色しているところから始まり、一方でダー子らに二十億を騙し取られ恨みを抱いている、裏社会のボス赤星の場面を挿入して物語の展開の下地を作る。

 

ダー子らのターゲットは香港の女帝ラン・リウ。その顔も知られないために、その下調べから、彼女へ近づくすべを探し始めるのが前半。なんとか食い入って、彼女から伝説のダイヤを手に入れるのが中盤、そして例によっての大どんでん返しが明らかになる終盤とテレビ版同様に展開していく。

 

最大の弱さが、ラン・リウを演じた竹内結子のカリスマ性のなさ。さらに、実は彼女こそ、ダー子が尊敬するスターと呼ぶ詐欺師だというラストの種明かしした後でも、彼女がそれほどの人物に見えない弱さがこの映画の最大の欠点。決して演技が下手ではないけど、単純に配役ミスだと思います。しかも物語の流れが最初からバレバレで、ラン・リウが偽物というのもはっきりわかりすぎる。

 

非常に雑な脚本ながら、それなりにフェイクを仕掛けた軽い物語に仕上がっているので、この程度で満足している観客には十分楽しめることかと思う。実際私もまあまあ楽しんだし。

 

このシリーズに一級品のサスペンスやどんでん返しを期待してもダメなのはテレビ版を見ているときかわかっていたので、それほど期待もしてなかったというのもある。まあ、軽い娯楽映画程度の一本でした。

映画感想「オーヴァーロード」「レプリカズ」

「オーヴァーロード」

ノンストップで面白いのですが、よくよく考えると、ただの戦争アクションでよかったんじゃないかと思う。地下実験室のゾンビ研究はなんだったのかという感じで笑ってしまった。監督はジュリアス・エイバリー。

 

時は第二次大戦末期、ノルマンディ上陸作戦に先立ち制空権を得るためにフランス内の教会にある電波塔破壊のためにボイスら先発隊が送り込まれる。

 

爆撃機が次々と破壊され、ようやく潜入した数人が目的地を目指し、目的地近くの村に隠れる。どうやら、ドイツ軍が教会の地下で何やら実験をしていて、その検体に村人をさらっていた。

 

施設内偵察のための潜り込んだボイスはそこで、不気味な光景を目にする。どうやら死者を蘇らせ不死身の兵士を作る実験のようなのだが、そのエピソードはどんどん脇にやられていく展開がなんとも面白い。

 

そして、教会内に侵入して、ボイスらは電波施設の破壊と実験室の破壊を成功させ、ノルマンディ上陸作戦を成功させて映画が終わる。

 

クライマックスに不死身の兵士達のバトルはあるものの、ほとんど戦争アクションの描写がメインで、なんのためにおぞましいシーンがあるのかほとんど意味を成さなかった。不思議な面白さというか呆れた映画でした。

 

「レプリカズ」

SFなのでなんでもありなのはわかるのですが、だからと言ってそれに任せただけでは面白くならないし、荒唐無稽な作品になってしまう。という感じの映画でした。楽しめるのですが、ストーリーテリングの工夫が全くないし、ドラマ性を無視したのはちょっともったいないです。監督はジェフリー・ナックマノフ。

 

人間の精神記憶を人工脳にコピーする実験を続けるウイリアムの姿から映画が始まる。間も無く完成なのだが今一歩でこの日も失敗した。

 

ある時、家族で出かけたウイリアムは、車の事故で自分以外全員即死させてしまう。彼は家族のクローンを作り、そこに意識をコピーする人体実験することを思いつき、同僚のエドを呼び出す。しかし、クローンを作るポッドが揃わず、末娘ゾーイは作れないまま、実験を始める。

 

そして17日後、クローンは見事に完成、記憶のコピーも成功するのだが、このことを実験リーダーのジョーンズが気づき、実験体として三体のクローンを奪取すべく迫ってくる。

 

イリアムはあらかじめ自分の記憶もコピーしてあったため、追い詰められたウイリアムはそのコピーをアンドロイドに転写し、追っ手を倒す。そしてジョーンズも瀕死の状態にし、クローンとして蘇らせることを条件にじウイリアムのした実験を隠すように提案。

 

やがて、ゾーイも蘇らせたウイリアムはクローンの家族とビーチで遊ぶ。ジョーンズはクローンとして蘇り、アンドロイドのウイリアムと精神転写の仕事を高額で行うようになって成功した姿で映画が終わる。

 

もうちょっと、サスペンス部分や、クローンで蘇った家族の心のドラマもしっかり描けていたら、かなり深い作品になったと思いますが、これはこれで娯楽映画としてはまあまあ楽しめた。