くらのすけの映画日記

「シネマラムール」の管理人くらのすけの映画鑑賞日記です。 なるべく、見た直後の印象を書き込んでいるのでネタバレがある場合があります。その点ご了解ください。

映画感想「イソップの思うツボ」

「イソップの思うツボ」

カメラを止めるな!」のスタッフが結集ということで、ちょっと興味ありの映画。たしかにどんでん返しをわざとらしく繰り返すのは楽しいのだが、次第に飽きてきて、次第にくどくなって、次第に先が見えて、結局自主映画のよくできた感じで締めくくった。これを狙ったのかもしれないが、映画の色のオリジナリティは大したことないなという感じです。監督は浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢。

 

一人の女子大生亀田のカット、いかにも鈍臭くて暗いイメージの彼女のシーンから映画は幕を開ける。ここにいかにも派手好きな三人の女子大生が絡んでくる。中心になっている兎草早織は、両親と三人で家族でタレントをしている人気者。そんなある時、一人の新任イケメン講師がやってくる。

 

このイケメン講師に一目惚れした兎草は猛烈アタックする。ところがカットが変わるとこの講師、兎草の母と不倫関係にあった。そして亀田が家に帰るとさっきまで親しく話をしていた母は跡形もなく、飼っている亀の水槽が割れている。

 

ここに復讐屋を営む戌井親子がひとりの男をリンチしている。仕事を終えたところへヤクザ風の男が現れ、一千万の借金を返せと迫る。そして返せないならある仕事をしろという。それは誘拐だった。ターゲットは兎草早織。

 

ここに兎草早織の父親が金髪の女とホテルにいる。いかにも不倫関係で、父親が出ていくと金髪の女は亀田だとわかる。父親は部屋の外に出た途端母から電話が来て、娘が誘拐されたという。

 

兎草の家族のマネージャーが金をこしらえ、三人で受け渡しに行こうとするが、途中で一人の女亀田を乗せる。実はマネージャーこそ亀田の父親だった。

 

兎草早織を監禁している倉庫にやってきた兎草の家族たちは、そこで、早織と監禁されたイケメン講師こそ亀田の兄だと打ち明けられる。亀田の家族は、事故で瀕死の重傷を負った母が病院で治療を待っている時、同じ事故で重症を負った早織が搬送されてきて、賄賂で治療の順番を入れ替えられ、そのため亀田の母は死んだ。

 

亀田の家族は兎草の家族に復讐をするために、ヤクザ男の計画に乗ったのだ。一方このヤクザ男、復讐劇をリアルタイムで見せて金持ちを楽しませることをしていて、亀田の家族が兎草の家族を殺すところを見せようとしていた。しかし、すんでのところで亀田はヤクザ男の計画から外れる。

 

ヤクザ男に殺されそうになった亀田らを助けたのは復讐屋の戌井らだった。そして、幕は終わり、戌井親子は金を亀田にもらってその場を去っていく。兎草の家族はそれぞれの真実がばれてばらばらになってしまう。

 

映画はこういう流れで展開して終わるが、詰め込みすぎたラストが退屈になってくるし、どんでん返しというより、羅列しただけで、鮮やかさが見えない。たしかに、凝ったものにしよう、工夫しようというこだわりが見えるが、あざとすぎて、ちょっといただけなかった。ただ、このレベル以下のメジャー作品が乱立している中では、これはこれで楽しかったです。

映画感想「ピータールー マンチェスターの悲劇」「あなたの名前を呼べたなら」「沈黙 SILENCE

「ピータールー マンチェスターの悲劇」

19世紀初頭、イギリスマンチェスターで自由を求めて集会した人々が軍隊によって虐殺に近い圧力をかけられた事件を扱った群像劇ですが、生真面目な作品でした。丁寧に描写するのもほどがあるという感じで、もうちょっと畳み掛けても良いのではという感想です。監督はマイク・リー

 

ナポレオンとのウォータールーの戦いの場面、ひとりのラッパ兵が途方にくれているシーンから映画は幕を開ける。物語はこの青年を中心に描かれるのかと思ったが、そうではなく、彼が故郷のマンチェスターに戻ってくると、その地では判事たちが自分たちの地位を脅かしそうな労働者階級を不当に逮捕して排除していた。

 

議会も力がなく、市民全員の参政権を求めて自由の集会をしようと計画する。そしてロンドンでの集会で名声のある活動家ジョージ・ハントを招聘することに成功。住民たちはピータールー広場に大集合していく。

 

物語は、集会までの判事たちの思惑などを交え、市民たちの不安などを描きながら、特に主人公を作らない群像劇として展開していく。絵作りが美しいので、19世紀のイギリスマンチェスターの風景が素晴らしいが、その素朴さがかえって物語のテーマ性を強めていきます。

 

クライマックス、無武装で平和に終わろうと集まる群衆に、判事たちが準備した軍隊が突入。最初は平和的に散会させるつもりが、いつのまにか武器による殺戮へとエスカレートしていく。そして集会後に惨状を見る報道記者たちは、これを記事にしようとし、一方王室では能天気な国王らの談笑シーンが描かれ映画は終わる。

 

歴史の史実を知らないこともあり、どの程度の重要性がある事件なのか理解できなかった。ただ、しっかりと作られた良質の作品であり、見応えはありました。

 

「あなたの名前を呼べたなら」

これという優れたものはないけれど、素直に好感できるラブストーリーでした。インドの身分制度の現実も垣間見られて、ちょっとした作品でした。監督はロヘナ・ゲラ。

 

実業家のアシュヴィンの高級マンションでメイドをするラトナのカットから、アシュヴィンが結婚を中止にして落ちこんでいるカットへ入って映画は始まる。

 

どうやらアシュヴィンの結婚相手は浮気性らしく、直前で結婚式を中止、自宅に戻ってきた。迎えたのは献身的に優しいメイドのラトナ。といっても仕事に忠実なだけで、彼女もまた未亡人だった。しかも生まれの村の風習で、未亡人は一生未亡人で再婚は許されないのだという。

 

しかし、大都市ムンバイで働く彼女にはファッションデザインの仕事をするという夢があった。メイドの傍、裁縫学校に行かせてもらい生き生きしてくる彼女に、いつの間にかアシュヴィンは心惹かれるようになっていく。

 

しかし、厳格な身分制度のインドでは絶対に許されない関係であることを何度も説明するラトナ。アシュヴィンはアメリカに住んでいたこともあり、自由な考えを持っていたが、一方でインドの風習は破り難いものがあった。

 

ある夜、アシュヴィンはとうとうラトナに口づけをしてしまう。さらにいつの間にか二人の関係も噂になり始めていた。困ったラトナは家を出る決心をする。彼女が去った後、アシュヴィンもアメリカに戻る決心をする。

 

妹のところで暮らすラトナにアシュヴィンから連絡が入る。紹介されたところに行くと、アシュヴィンの友人でファッションの仕事をしている店に紹介され、ファッションデザイナーの職を得る。アシュヴィンの計らいだと知ったラトナは礼をいうためマンションに行くが、すでにアシュヴィンはそこにいなかった。

 

マンションの屋上に行き、ひとり夜景を見るラトナにアシュヴィンから電話が入る。ラトナは、それまで「旦那様」としか呼んでいなかったアシュヴィンを初めて名前で呼んで暗転映画は終わる。

 

インド社会のどうしようもない身分制度を逆手にとったプラトニックなラブストーリーは、ある意味新鮮だし、一方でモダンでもある。その空気感が作品に好感度を与えた感じです。良かった。

 

「沈黙SILENCE」(篠田正浩監督版)

マーティン・スコセッシが最近映画にした作品の篠田正浩監督版である。宮川一夫のカメラも美しく、様式美で描かれる映像の中に、キリスト布教の本質を描いていくドラマはなかなか見ごたえがあります。

 

映画は、二人の宣教師が日本の小島にやってくるところから始まります。身を隠して布教を始めるも間も無くして、ひとりの男に密告され捕まります。

 

物語は、奉行所の執拗な弾圧と拷問の中、キリスト布教の本来の意味が問いかけられ、捕まった宣教師が追い詰められ苦悩する様子が延々と描かれます。

 

絵作りの美しさと、クローズアップを多用する人物描写が見事で、どんどん話に引き込まれていき、果たして、キリスト布教の方法が正しいものか見ている私たちも問いかけられていく。

 

やがて、宣教師も踏み絵をしてキリスト教を離れ、日本人として生きることになり映画は終わります。スコセッシ版とどちらがというものでもありませんが、篠田正浩監督らしい絵作りが美しい作品でした。

映画感想「ライオン・キング」(超実写版)「マイ・エンジェル」「瀬戸内少年野球団」

ライオン・キング

実写版というよりフルCGアニメである。たしかにここまでCGで描けるようになったかと思うとすごいと思う。物語はオリジナル版をややコンパクトにした感じになっているので、オリジナル版ほどに芸術性を感じられないのはちょっとさみしいが、労力と資金力に脱帽する一本でした。監督はジョン・ファブロー。

 

ジャングルの王ムファサの息子シンバの披露目の集会から物語は始まる。シンバは父のように強くなろうと向こう見ずを繰り返すが、そんなシンバにかねてより王の座を狙うムファサの弟スカーの謀略が迫る。そして、そそのかされたシンバはヌーの暴走を呼び起こしてしまう。ヌーの大群に襲われたシンバは、駆けつけたムファサに助けられたものの、スカーによってムファサは殺され、シンバも追放される。やがて成長したシンバは、スカーが王になってから寂れていった王国を立て直すために戻ってくる。

 

二次元アニメでは表現できた絵画的な色調の美しさは、リアルCGになったことで完全に失われ、動物を表現するというテクニカルな見せ場が全面に出てしまった展開となった。まるで生身のように見える動物の細かい仕草の隅々が素晴らしい出来栄えで、映画の進化の一つという感じの作品に仕上がっていました。

 

「マイ・エンジェル」

絵作りの美しさ、カメラワークのリズムといい、クオリティの高い作品でしたが、いかんせん物語があまりにも荒んでいるので、見づらかった。監督はバネッサ・フィロ。

 

コートダジュールの美しい景色、特に空の雲を捉えるオープニングが眼を見張るように美しい。この日、シングルマザーでエリーという8歳の娘と暮らすマルレーヌは再婚の結婚式で船上にいた。

 

お酒が好きで、男好きのマルレーヌだが、娘のエリーを溺愛している。この日の結婚式でも、馬鹿騒ぎをし、酔った勢いで新郎以外の男と抱き合っているのを新郎に見つかり放り出されてしまう。

 

マルレーヌはエリーを連れて自宅に戻るが、アルコール好きは治らず、いつも酒瓶が傍にある。そんな母の姿を見て自分も酒を飲むようになるエリー。なんとも言えない描写である。

 

ある時、友達に誘われたパーティに出かけたマルレーヌは、エリーを先に家に帰し、自分は男と出かけたまま行方不明になる。一人残されたエリーは、家にある食べ物といったら酒しかなく、酒を飲むようになる。

 

そして、エリーは、たまたま向かいに住む父の元をおとづれて面識のあったフリオと知り合う。フリオは浜辺のキャンピングカーに住んでいて、かつては崖から飛び込む選手だったが、心臓を手術して以来、飛び込めなくなっていた。

 

エリーは孤独を癒すために執拗にフリオの後を付きまとい、フリオもエリーを気にかけるようになる。学校では劇の準備が進んでいて、エリーは人魚の役になっていた。

 

そんな頃、ようやくマルレーヌが帰ってくる。そして、エリーが拒否したにもかかわらず劇を見に来る。フリオは当然のように劇を見にきていた。しかし、出番前に兼ねてからエリーを憎んでいた友達に服を破られ、口紅を塗りたくられ、エリーは一人学校から逃げ出す。

 

マルレーヌは、必死でエリーを探すが、エリーはフリオの家のそばの崖に向かっていた。そこへマルレーヌがやってくるが、目の前でエリーは海へ飛び込む。駆けつけたフリオは、飛び込んだら命が危ないのを承知で崖から飛び込みエリーを助ける。

 

エリーを抱きしめこちらに走ってくるマルレーヌのカットで映画が終わる。はたそてフリオはどうなったのかはわからないままである。

 

とにかくカメラが抜群に美しい。さらにクローズアップを中心にした構図で、差し迫る母娘の姿をリアルに捉え、どう育て、接したら良いかわからずにもがくマルレーヌを見せる描写もすごい。さらに、セリフは少ないものの、表情だけで見せるエリーも見事。なかなかの作品だったと思います。

 

瀬戸内少年野球団

およそ40年ぶりくらいに見直したけど、これは何度見ても良い本当の名作やなと思います。物語の構成、展開、脚本の深さ、詩情あふれる映像、胸に迫る人間味ある登場人物たち。みんなに見て欲しい映画というのは限られますが、これはそんな一本だと思いました。監督は篠田正浩

 

瀬戸内の淡路島、終戦の日に物語は始まります。夫が戦地に行き、戦死したらしいという知らせで、その弟との結婚を迫られている教師の駒子。戦後の世相を見事に見せるこのエピソードがまずすごい。

 

物語の前半は駒子の物語を中心に、様々な人たちが入れ替わりこの島に入ってきて、混乱する話が描かれ、後半は野球を通じて、子供達と教師、強いては大人たちがまとまって、未来に進む姿が描かれる。

 

登場人物それぞれにドラマがあり、そのドラマが全て奥の深い内容を秘めていて、胸に迫ってきます。ラストに至っては、少年たちのマドンナ的存在の武女が東京へ去っていくシーンで、日本の新たな時代の到来を見せる。

 

素晴らしいの一言に尽きる名作だなと改めて思いました。こういう映画は多くの人に見て欲しいですね。

 

 

 

 

 

映画感想「札幌オリンピック」

札幌オリンピック

私の世代ではオリンピックといえば札幌オリンピック。そんな懐かしさから見に行きました。ドキュメンタリーとしての仕上がりは、名作と言われる「東京オリンピック」とはちょっとレベルダウンという感じでした。監督は篠田正浩

 

ドキュメンタリーなので、順番に競技を追っていく。見たいのはジャネット・リンなので、そこだけが注目。あとは笠谷らのジャンプですね。日本勢があまり活躍していないので、ちょっとさみしいです。

まあ、懐かしさだけで見た一本。

 

映画感想「少年時代」

「少年時代」

さすがに秀作。妙なヒューマニズムにならない脚本が抜群にいいし、カメラも美しい。戦時中の素朴な一風景を少年たちの姿を通して描くドラマ作りが素晴らしい映画でした。監督は篠田正浩

 

第二次大戦も敗戦の色が濃くなった頃、東京に住む小学五年生の信二は富山へ一人疎開することになる。物語は富山の小学校で、ガキ大将の大原との交流を軸にして、少年たちの葛藤を温かみのある展開で描いて行く。

 

ガキ大将同士の喧嘩や、ささやかな争いごと、さらに都会育ちの信二と大原の友情など、何気ない展開で胸に染み渡るような物語が語られる様は見事です。

 

田舎の景色の美しい構図や色彩演出も美しく、叙情溢れる作品として仕上がっています。ラストシーン、汽車で東京へ戻る信二を大原が手を振る場面は胸が熱くなります。いい映画でした。

映画感想「化石の森」

「化石の森」

どこを取っても力が入りすぎた感じの作品で、何をどう描きたいのかポイントが全体にぼやけた感じです。原作があるので、根本的な話は変えられないのでしょうが、脚本段階で思い切った改編があったほうがよかったと思います。監督は篠田正浩

 

医局に勤める治夫が、学生時代のクラスメート英子と出会うところから物語が始まる。英子の勤め先の社長が酷い男ということで、治夫の研究室で開発中の毒薬を使って殺すことにする。

 

一方、治夫と同居を望む母多津子が執拗に治夫に近づいてくる。そこに医局で患者をもののように扱う教授の行為に反感を持つ治夫は、教授が執刀した子供のことを世話するようになり、子供の母親とも懇ろになってくる。

 

そんな様々な事件が絡みながらどの部分も力の入った演出と演技力のある役者の演技でグイグイと迫ってくるので、結局どれもが共倒れになった。

 

治夫の存在だけが素朴な映画的で、後は芝居がかったインパクトの強い展開が繰り返され、結局ラスト、多津子は願いをかなえて治夫と同居となるし、英子は殺されるしと終わる。

なんとも言えない作品で、これ以上感想にならない感じです。

映画感想「世界の涯ての鼓動」「存在のない子供たち」「ブレス あの波の向こうへ」

「世界の涯ての鼓動」

正直、退屈な映画だった。全体に緩急ができていないのだと思う。出会いで盛り上がる二人の感情が見えないし、その後の死に直面する物語も普通、さらにラストに至っての再度の盛り上がりが甘い。それなりに静かな展開を意識した演出なのだろうが、その中にも波は必要だと思います。監督はヴィム・ヴェンダース

 

物語は、どこかに監禁されているジェームズのカットから始まり、時間は遡る。海辺のホテルでダニーとジェームズは出会う。二人は意気投合し、すぐに愛し合うようになる。ジェームズはMI6の諜報員で間も無くソマリアへ行く予定だった。一方のダニーは生物数学者で、近々深海艇に乗る予定である。

 

それぞれが一歩間違うと死に直面することを覚悟している緊張感もあり、孤独を感じていた。やがて二人はそれぞれの地へと別れていく。

 

しかし間も無くしてダニーはジェームズと連絡がつかなくなる。ジェームズはソマリアに着いた途端監禁され生死をさまよっていた。ダニーはこれから臨む深海艇への恐怖心から孤独感に囚われていく。

 

やがて、ジェームズは組織のリーダーから生かされることを選ばれ、外に出される。そして、ある海岸に連れていかれた時、メンバーたちの会話から近くに米軍がいることを知り、GPSを起動させる。

ダニーは深海艇に乗り、調査を進めるが突然電源が落ちるトラブルが起こる。

 

やがて米軍のヘリはやってきてジェームズは助かり、ダニーの深海艇も再起動できて浮上を始めて映画は終わる。

 

美しい景色を随所に織り込んだ映像が、物語の緊張感と対照的になっているのですが、展開に緩急が弱く、心理ドラマとしても盛り上がらないのが何ともしんどかった。

 

「存在のない子供たち」

映画としてはめちゃくちゃに良かった。ただ、手放しで褒め上げていいものだろうかと考えてしまいます。あまりに悲しくて、あまりに壮絶で、あまりに切なく残酷。これが現実なのだと思うと、いたたまれなくなって涙が止まらなくなってしまうのです。だから、何かしないと、何か動かないとと思うけれど、どうしようもない自分を見た時に、手放しで作品として褒められなくなる。監督はナディーン・ラバキー。

 

中東の裁判所の法廷で物語は始まる。幼い少年ゼインは両親を訴えたのだ。罪状は無責任にも自分を産んだこと。物語はここから遡ることになる。

 

大勢の兄弟とその日暮らしをする家族の元で、学校へもいかせてもらえず仕事をするゼイン。仲の良い妹サハルの面倒を見ながら、持ち前の才覚で兄弟をまとめていたが、ある時サハルは無理やり結婚させられ連れ去られる。

 

サハルと一緒に家を出るつもりだったゼインは、なけなしの荷物をゴミ袋に詰めて家を出てバスに乗る。そして途中、遊園地のあるところで降り、しばらくそこで暮らすが、食べ物もそこをつく。そんな時、ラヒルという移民の女と知り合い、彼女の子供ヨナスの面倒を見ることで一緒に暮らすようになる。

 

ところが、ラヒルは市場へ行ったきり帰ってこなくなる。ゼインは必死でヨナスの面倒を見るが、ついに堪り兼ねて、置き去りにしようとする。しかし、気を取り直し、かねてより、赤ん坊を欲しい人に斡旋している男にやむなくヨナスを預け、その男の手はずで海外に行くべく自宅に身分証を取りに戻る。

 

ところがそこでサハルが死んだことを知る。逆上したゼインは包丁を持って、サハルが嫁がされた男の元へ走る。そして包丁で刺す。

 

逮捕されたゼインは、刑務所からテレビ局に電話し、両親を訴えたいと告げる。

一方ラヒルは市場で不法移民として逮捕され刑務所にいた。ゼインの姿を見かけたラヒルはゼインに息子の行方を聞く。そして、斡旋された先を探してもらうべく依頼する。

 

法廷ではゼインの裁判が続く。ラヒルの息子は発見され母の元に戻される。ゼインは晴れて身分証を手に入れることになり、その写真を撮るときに笑顔をするカットでエンディング。

 

手持ちカメラを多用したドキュメントタッチのカメラワークもさることながら、無我夢中でヨナスを育てるゼインのシーン、そして思い詰まって置き去りしようとする姿に涙が止まらない。こんな現実があることの切なさに胸が熱くなってたまりませんでした。映画を傑作と褒めるよりもこの現実をまず心に留め置きたいと思います。素晴らしい作品でした。

 

「ブレスあの波の向こうへ」

原作があるので概ねは変えられないのだが、脚本が悪いので、前半と後半が分断されてしまって、ラストで何とかまとめようとしたものの描ききれなかった感じの仕上がりでした。面白くもなくワクワクもなく、切なさもないのはちょっと残念です。監督はサイモン・ベイカー

 

親友同士のパイクレットとルーニーが川で戯れている場面から映画は始まる。やがてサーフィンに興味を持った二人はなけなしの金でぼろぼろのボードを購入。スウェットスーツも着ずにサーフィンを始める。

 

そんな二人の前にサンドーというサーファーが現れ、二人を様々な入江に連れて行く。彼は伝説のサーファーとして有名だった人物で、テクニックを教えながらより危険なチャレンジを二人に与えていく。

 

この辺りのドラマ部分がまず弱く、サーフィンシーンはなかなかのものですが、どうも良くない。というのもこの後ルーニーとサンドーが海外に行き、パイクレットは取り残されるが、サンドーの妻イーヴァと関係を持って行くという青春ドラマに流れて行くからである。

 

やがて、サンドーたちが帰ってくるが、パイクレットは彼らと行動をともにしないことにして映画は終わる。

 

パイクレットの成長の物語であるはずが、サーフィンシーンに力が入りすぎ、さらにイーヴァとのシーンにも力が入りすぎて、結局ポイントがうやむやになったように思います。真面目ないい映画なのですがもうちょっと描くべきものを絞ったら良かったと思います。