くらのすけの映画日記

「シネマラムール」の管理人くらのすけの映画鑑賞日記です。 なるべく、見た直後の印象を書き込んでいるのでネタバレがある場合があります。その点ご了解ください。

2010-05-05から1日間の記事一覧

映画感想「書を捨てよ町へ出よう」

寺山修司初商業映画作品である。 出だし、真っ暗な画面から始まり、突然主人公である「私」がスクリーンからこちらに語りかけるところから始まる。映画という媒体の常識を完全に無視した映像づくりで、時にカメラを持って走っていく画像でぶれまくっているし…