くらのすけの映画日記

「シネマラムール」の管理人くらのすけの映画鑑賞日記です。 なるべく、見た直後の印象を書き込んでいるのでネタバレがある場合があります。その点ご了解ください。

2020-06-09から1日間の記事一覧

映画感想「罪と女王」「恐竜がおしえてくれたこと」

「罪と女王」 かなりクオリティの高い心理ドラマの秀作でしたが、内容がちょっと重いです。辛い映画でした。監督はメイ・エル・トーキー。 森のカットがゆっくりと回転し、主人公アンネのカットへ。夫ペーターがこれから出かけるのだが、送るという申し出を…