くらのすけの映画日記

「シネマラムール」の管理人くらのすけの映画鑑賞日記です。 なるべく、見た直後の印象を書き込んでいるのでネタバレがある場合があります。その点ご了解ください。

傑作「ゼブラーマン」

kurawan2004-03-02

ゼブラーマン」は痛快でした。
これこそ娯楽映画!!ってやつです。

どこまでが虚構?どこまでがノンフィクションの映画の世界?
もう、ほんとに楽しめました。

映画館に入って、映画が始まるとそこはもう非現実の世界。すべての現実のつまらない世界が吹っ飛んでしまいます。最高でした。笑えるし、泣けるし、感動するし、娯楽とはこれだという作品ですね。

もちろん、軽いのりで作った映画ではなく、しっかりとしたストーリー設定と演出で、一歩間違うと、稚拙な子供・・・・祭りの一編になってしまいそうな物語なのに、大人向けに楽しめる。なかなか、日本映画もまだまだか?と思わせる一作でした。

よおく考えるとばかばかしいのに、なぜか最後までしっかり見てしまう。これをテレビで見たら、全然でしょうね。テレビでは絶対出来ない作品。映画館で見てこそ楽しめる作品に出会いました。

哀川翔はいいねえ。かっこいいのに三枚目役で、でもヒーロー。こんな一生懸命な人物、みんなが今忘れている姿がここにあります。

どうも最近、映画に対し完成品を求めすぎてるのではないですかね。CGでリアリティを求めたり、スペクタクルを求めたり、もっと、たのしい映画を作らなければいけませんね。

こんな映画を待っていたのかもしれない。かつての「太陽を盗んだ男」を見たときのような感動がよみがえりました。